わきが臭対策に最も効果のある薬とは?

6502603189_963aab584f_m

わきがに対処する方法は色々ありますが、手術を受けるとなると20万円~30万円という高額な費用がかかるので、いくら効果が高いと言われても、なかなか踏み切ることはできませんよね。

そこで、薬でわきが臭を抑えることができないのかと考える方も多いと思いますが、実際に薬でわきが臭を抑えることはできるのでしょうか?また、その効果はどの程度保つのでしょうか?

わきがであるかどうかを把握する

わきが臭は夏でも冬でも気になりますよね。夏は半袖を着るので外に臭いを発しやすくなりますし、冬場はコートを脱いだ時などにコートの中にこもっていたわきが臭が一気に外に排出されるので臭いが強くなった気がすることもあります。

ただ、自分がわきがであると思い込んでいる人も少なくなく、病院で調べてもらったらわきがではなかったという方もいます。

このような方の場合、わきが臭の原因であるアポクリン汗腺はないのですが、通常の汗を出すエクリン腺からの汗がわきの下の雑菌を増殖させててしまうために臭いを発しているので、まずはわきの下を清潔にすることを意識すれば問題はありません。

自分がわきが臭であるかどうかの判断をセルフチェックではなく正確に把握したい場合は、皮膚科や美容クリニックなどの専門医に診察してもらうことです。

わきがではないのにわきがに効果がある薬を使っていても意味はないので、わきが対策の薬を検討する前に、まずは診察を受けましょう。

わきがに効果的な薬は?

6574106549_86b7bd56c7_m

わきが治療には多額のお金がかかるので、なかなか踏み込むことができない方も多いですよね。わきが手術自体はその日に終わりますし、入院の必要もありませんが高い効果を期待される手術はやはり高額です。

そこで、わきが臭を抑えるための市販薬が沢山出ているので、制汗スプレーなどで効果を実感できない場合は試してみると良いでしょう。

基本的にわきの下に直接塗る「クリームタイプ」もしくは「ジェルタイプ」の薬がお勧めです。わきが臭を抑えるミョウバンを主成分としているものもあり、価格も高くても5,000円以内に抑えることができます。

また、持続性が高い薬もあり、1回塗れば2日間効果が持続するタイプのものもあるので、仕事中に気になるわきの下の清潔感を保つので、忙しくわきの下を拭いたりする時間がない方には安心ですね。

また、自宅ではわきの下をごしごし擦らなくても、薬用石鹸を使って石鹸の泡を塗り付けるようにすると消臭効果が高まると言われています。

一つ注意したいのは、わきが対策の薬には沢山の種類があるのですが、粗悪品を販売している業者も多いので、できるだけきちんとした会社が販売している薬を使用して下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ