アルコールの摂取はわきがを悪化させる?

4517111075_b788e78f94_m

毎晩お酒を飲むという人も多いと思います。少量でも毎日飲み続けていると健康には良くないのですが、たまにはホット一息つきたいこともありますよね。

ただ、このアルコールですが、わきがとは密接に関係しているためわきが体質の方は気をつける必要があるのです。

アルコールが及ぼす悪影響

結果的にお酒を飲んでアルコールを摂取するとわきが症状を悪化させる原因になり、わきが予防にも大きく悪影響を及ぼします。

アルコールがわきが症状を悪化させる原因としては、アルコールが体内に入ると血中のアルコール濃度が高くなり、血液の体内循環の速度が速くなります。

血液の流れが速くなると、体温が上がるため汗をかきやすい状態になり、この状態からさらに体温が上がった場合には、エクリン腺やアポクリン汗腺が刺激され、汗が出やすい状態になるからです。

つまり、アルコールを摂取すると、わきが臭の元になるアポクリン汗腺からの汗の量が増えて、わきの下の雑菌を増殖させるのでわきが臭が出やすくなってしまうのです。

また、アルコールを摂取した後のあせは、アルコール自体も強い臭いを発することになるので、わきが臭と混ざるととても不快な臭いへと発展してしまうのです。私にも経験がありますが、アルコールを摂取した次の日の汗はかなり臭いがキツいですし、わきがではない人でも二日酔いのときの体臭は臭いと感じます。

アルコールは適量であれば、ストレスを解消するのにも健康的にも良いと言われていますし、気分転換や心をリラックスさせるためにはある程度摂取しても良いと思います。しかし、アルコールはわきが予防や対策に関して言えばできれば摂取しない方が良いので、その辺りの加減を上手に行う必要があります。

アルコールを使った消毒は効果あり

同じアルコールでも、お酒としてではなく消毒などに使われているアルコールはわきが臭対策には効果があります。

具体的な方法としては、エタノール水溶液を用意して、わきの下に擦り込むように塗るだけです。1日2回程度塗るだけでも一時的ではありますがわきが臭を抑えることができます。

エタノール水溶液は一般的に売られている物なので、薬局などに行けば購入することができます。塗った際には少しすーっとしますが、意外と臭いを抑えることができるのでお勧めです。

中にはわき毛を剃ってエタノールを塗ると良いという方もいますが、私はわき毛を剃らなくても、ちょっと時間をかけて擦り込めばわきが臭を抑えることはできたので、あまり気にする必要はないのですが、どうしても臭いが取れないという場合は、わき毛を剃って塗るようにして下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ