週末の寝溜めが月曜の憂鬱につながる?

5907034650_637b156082_m

週明け月曜日の仕事に行くときは余程仕事が好きではないと「憂鬱」な気分になるのではないでしょうか?私も毎週月曜日は憂鬱です。

しかし、この憂鬱な気分を軽くする方法があります。それが「睡眠のサイクル」です。この「睡眠のサイクル」が上手く管理できれば、月曜日の憂鬱さを軽減させることができるのです。

スポンサードリンク

週末は睡眠のサイクルが乱れる

金曜日の夜は比較的リラックスしやすいですよね。1週間の仕事も無事に終わり、「ホッとする」時間帯なのではないでしょうか?

リラックスすることができると、普段優位になっている交感神経の作用がおさまり、代わりに睡眠を促す「副交感神経」が優位な状態になります。すると、眠さが出始め土曜日、日曜日はつい「寝過ぎ」の状態になってしまいます。

この寝過ぎですが、中には平日の睡眠不足を補うために必要と言う方もいますが、睡眠に関する研究を行っているグループなどは「寝溜めは睡眠のサイクルを乱す」という見解を示しています。

実際に私は「不眠症」で長いこと苦しみましたが、金曜日の夜は比較的簡単に眠ることができていました。いつもは睡眠導入剤や睡眠薬を服用しなければ熟睡できないにも関わらず、金曜日の夜は睡眠導入剤だけ服用すれば簡単に寝付くことができたのです。

ところが、土曜日の朝は全く起きることができません。これまでの睡眠不足を補うかのようにお昼過ぎまで寝てしまいます。ただ、土曜日は休みなので、寝過ぎても問題ありませんし、疲れが溜まっていていつまででも寝ていたい気分になるので土曜日の夜も簡単に寝入ることができます。

しかし、日曜日になると話しは変わります。土曜日に寝過ぎて、日曜日の朝も起きなかったために日曜日の夜は全く眠ることができなくなるのです。これはつまり土日で睡眠のサイクルが狂ってしまっているからです。

土日の寝溜めが月曜日を憂鬱にする

2150224411_d7061114c7_m

土日につい寝過ぎてしまったことによって睡眠のサイクルが乱れ、日曜日の夜は再び月曜から始まる仕事のためにしっかり寝ようと思っても眠れなくなります。

これは睡眠のサイクルと、自律神経の乱れによるものですが、日量日の夜は再び不眠になり、緊張状態が続くので月曜日は心も身体も疲れが残るという結果になってしまうのです。

つまり、不眠症患者の場合は、まずは睡眠のサイクルを立て直すことが重要であり、そのためには、土日も同じ時間に起きてある程度活動し、夜は眠くなるという当たり前の生活サイクルを強く意識する必要があるということです。

人間の生活サイクルは簡単に乱すことができます。週末の過ごし方だけで簡単に乱れてしまうのです。そのため月曜日は憂鬱な気分になり、出足から転んでしまうのです。

「寝溜め」というのは医学的にも「意味がない」とされており、寝溜めによる不眠症状の悪化が指摘されています。

不眠症患者にとって毎日の基本的なサイクルを作るのは苦労しますが、結果的に頑張って睡眠のサイクルを乱さず、規則正しい生活をおくることが早期改善のきっかけとなるのです。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症Q&A

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ