不眠症は突然なるの?

5892565216

不眠症になる前の生活と不眠症になってからの生活では大きな精神的な違いが現れます。

不眠症になる前は特に考えなくても寝付くことができ、朝起きれば疲れが抜けている状態でしたが、不眠症になってからは一睡もできず、当然疲れもとれていない感覚になることが多くなります。

このような状態が続くことで、精神的な疲労も溜まり寝ることへの恐怖心が生まれ、より眠れなくなることがあります。

スポンサードリンク

不眠症は突然なるの?

私の場合は不眠症状が突然出たわけではありません。私が不眠症だと自覚したのは、不眠症状が続いて2ヶ月くらい経ってからです。

それまでは不眠症の症状が軽く、寝入ることができても夜中に起きてしまうことがたまにあり、寝入るのに時間がかかると思っていた程度でした。

また、朝まで眠れる日もあったため、明らかに不眠症であるとは思わず、眠れない日と眠れる日を繰り返すような日々でした。

ところが、徐々に寝入るまでの時間が長くなり、寝入ることができても夜中に何度も目が覚めたり寝汗をかいて起きてしまうことが多くなったので心療内科を受診したところ「うつ病による不眠症」と診断されたのです。

このことから、不眠症はある日突然なるのではなく、徐々に進行してついには一睡もすることができなくなることもあるのです。

不眠症になると精神的な面でも辛い状態になります。

寝入ることができないとイライラしやすくなりますし、眠ること自体に「また眠れなかったらどうしよう」という不安や恐怖が大きくなります。

このような不安や恐怖を抱いてしまうことで余計に眠れなくなり、ついには日中の活動にも支障が出てきてしまうのです。

不眠症は早期治療が大切

5814284396

どんな病気でも同じですが、不眠症の場合も「早期発見、早期治療」が最も簡単に改善できる方法です。

ただし、私のように初期段階では不眠症であることを自覚している方は少ないので、早期発見ができないことがよくあるのです。

では、具体的にはどのような状態であれば不眠症と疑うべきなのでしょうか?

私は、寝入る時間に30分以上かかり、夜中に何度も起きる、一睡もできない日がある、眠ることに恐怖や不安を感じる、2週間以上これらの状態が続いている、このような状態にあるのであれば不眠症である可能性が高いと思います。

これらの症状は「精神的な理由」で発症することが多いので、まずは睡眠導入剤や睡眠薬などで眠れる状況を作り出し、徐々に睡眠に対しての意識を軽くしていきます。

私の場合は心療内科の医師の診察を受け、睡眠導入剤と抗うつ薬を服用しましたが、2週間程度経過した頃から、「眠くなる」感覚が戻ってきて、寝入る時間が短くなり夜中に何度も目が覚めることもなくなりました。

きちんと医師に処方された睡眠導入剤や睡眠薬を服用していれば、「薬物依存」になることもないので、徐々に減薬して最終的には自力で眠れるようになります。

不眠症も早期発見、早期治療が大切なので、まずは心療内科や精神科の医師に相談して正しい診断と対処法を確認しましょう。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症Q&A

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ