不眠症は甘えと勘違いされる?

5885750817

不眠症はなった人にしか分からないという側面があります。毎日しっかりと夜眠れている人からみれば、状態は分かりづらいと思います。

また、不眠症で日中の活動量が落ちてしまっている患者自身も「本当は不眠症」なのに「自分ん対する甘え」と捉えてしまうこともあり、さらに症状が悪化してしまうことがあるのです。

スポンサードリンク

不眠症は甘え?

不眠症は決して甘えではありません。夜眠れずに朝起きられない状態は不眠症の症状であり、この症状は放置しておいても良くならず、心療内科などに通院すると時には会社を休職した方が良いと言われることもあります。

私の場合は眠れない状態が何日も続き、朝一瞬寝てしまうともう起きることができない状態に悩まされていました。特に、朝起きれない症状に対しては、「完全の自分への甘え」であると思い込んでおり、「気合いと根性」で起きなければと真剣に考えていました。

ところが、いつになっても眠れない、起きれないという状態が続いてしまい、心療内科を受診したところうつ症状の一つの不眠症であることを知りました。

治療法としては、抗うつ薬と睡眠導入剤の服用で徐々に回復してきたのですが、うつ病による休職も体験し、もっと早く医師の診察を受けて、「薬物療法を始めていれば」と後悔しました。

私のように不眠症だけではなく、気分の落ち込み、不安感、倦怠感、頭が働かないなどうつ症状を併せ持っていることもあるので、不眠症は「甘え」ではなく、精神疾患の症状の一つだと疑って、できるだけ早く専門医に診てもらうことが重要です。

不眠症は努力や根性では治らない

5959010235_7942f6b4e1_m

不眠症になる方の多くは、几帳面で完璧主義だったり責任感が人一倍強いなど真面目で一直線のような性格の人が多いと言われています。このような人の場合、「甘えている」という心理状態が強くなってしまうので、気合いや根性で強引に立ち直ろうとします。

しかし、不眠症は病気の一種であるので、努力や根性では治せません。また風邪のように明確な治療方針が決まっておらず、症状の改善には一人ひとりに合った薬を服用したり日中の活動をしたりすることが大切なので、専門医の力を借りることが最も早く症状を改善させるコツなのです。

不眠症に悩んでいるあなたは決して「不真面目、根性が足りない」などではありません。むしろ誰よりも気合いも根性もあります。気合いや根性が強くあるから、1人で頑張って治そうとするのです。

しかし、自分1人で頑張れば頑張るほど深みにハマってしまうのが不眠症です。

少しでも早く医師に診断してもらい、薬物療法をするだけで症状はかなり改善されるので、気合いや根性、努力で治すのではなく、合理的な考え方を持って対処していきましょう。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症Q&A

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ