不眠症の患者は男性が多いというのは本当?

 

2150224411_d7061114c7_m

不眠症に悩む患者はストレス社会と呼ばれる現代において、急激に増加しています。私はいわゆるブラック企業で休みもなく働き、上司からの度重なるパワハラを受け、夜も緊張感がとれず不眠症を発症しました。

私のように男性の不眠症患者が増加している傾向があるのですが、不眠症の患者は男性の方が多いというのは本当なのでしょうか?

スポンサードリンク

 

不眠症患者の男女比

あるデータによると不眠症に悩む患者は男性よりも女性の方が僅かに多いという調査結果が出ています。

私はメンタルクリニックを受診し、現在でも通院しているのですが通院しているメンタルクリニックではスーツ姿の男性を多く見かけますし、女性よりは男性の患者の方が多く見受けられます。

そのため不眠症はストレスを抱えやすい男性のサラリーマンの方が多いと思っていました。

しかし、実際には女性でも不眠症になる方は多く、むしろ女性の方がホルモンバランスの乱れから不眠症状を発症することが多いということを知りました。

不眠症患者のうち既婚者と未婚者では未婚者の方がわずかに多く、寝る直前までテレビを観ていたりスマートフォンを使っている人ほど不眠症になりやすいという傾向が分かっています。

また、不眠症状は辛いと感じているものの、睡眠に神経に悩んでいる方は約4割ですが特に何も対策をしていない人は6割を超える結果となりました。

実際に不眠に悩んでいたとしても、どのような病院を受診すれば治療ができるのかを知らない方もいますし、実際に病院で通院する時間がないためにごまかしながら過ごしている方も多いようです。

男性の場合は特に会社で働いているサラリーマンに不眠症患者が多いのですが、ストレスを溜め込みやすい人が多くなってきており、誰にも相談できないことから1人で抱え込むような状況になってしまうのです。

男性の不眠症を改善するためには

6040624392

男性の不眠症を改善するためには、規則正しい生活が欠かせません。しかし、仕事が忙しくなかなか自宅でゆっくり過ごすことができない、仕事の緊張感から解放されることがないなど自律神経が乱れやすい生活になってしまっている方が多いです。

質の高い睡眠を摂るためには、副交感神経が優位な状態になければなりませんが、不眠症に悩む男性の多くが交感神経が優位ま状態が続き副交感神経が優位にならないため心がリラックスできないのです。

正直なところ、不眠症の症状は簡単に改善させることが難しいので、心療内科などを受診して睡眠導入剤や睡眠薬、安定剤を服用するのが一番早いと思います。

薬に頼りたくないという方も多いのですが、生活習慣を見直し正しくするのはなかなか難しいこともありますし、とにかくまずは眠ることが重要になってくるので、薬を使ってでも睡眠をとった方が良いのです。

実際に私は睡眠導入剤を服用することでしっかりと眠ることができるようになりましたし、睡眠時間も安定して6時間以上は確保できるようになりました。

また、現在は睡眠導入剤を服用していませんが、ぐっすりと眠れる習慣が身についているので薬がなくても安定した睡眠を確保できています。

男性の不眠症はまず眠るという習慣を身につけることが重要なので、自律神経のバランスを整え副交感神経が優位な状態を作り出すために、心療内科などを早めに受診することが重要です。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症Q&A

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ