不眠症で休職してしまう人はいるの?

8469694802_844c86004c_m

不眠症になると日中も眠気がとれないため、日常生活にも大きく影響を及ぼします。特に外で働いているサラリーマンにとって、日中の集中力欠如は大きな障害となりストレスの原因ともなります。

私が不眠症で苦しかった時は仕事でミスを連発し、上司に度々怒られそんな自分に嫌気がさしてできない自分に対するストレスが原因となりうつ病へと発展しました。

では、不眠症の症状が強く、休職しなければならない状態になることはあるのでしょうか?

スポンサードリンク

不眠症で休職する場合とは

不眠症の多くは単体で発症するというよりは、精神的な面での症状を合併していることが多いです。私の場合ではうつ病の症状の一つとして不眠症になっているということを医師から説明されましたし、他にも心の問題を合併してしまっていることはよくあるのです。

私はうつ病により休職をして、心と身体を休める時間をとりましたが、不眠症で休職するというよりは、うつ病など大きな病気の症状があるため休職をするという方が圧倒的に多いです。

近年では「うつ病」などの精神疾患を理解し始めている職場も多く、休職という制度をきちんと設けている会社も多いですね。

休職をするためには、医師の診断書が必要になるのですが、精神科や心療内科に通院し現在の不眠症上を訴えれば、多くの場合その日に診断書を書いてもらうことが可能です。

また、私の経験では、休職をする場合は最低でも3ヶ月は休んだ方が良いと思っています。1ヶ月様子を見るためだけに休職をしてしまうよりも、3ヶ月程度のスパンで考えた方が改善する可能性も高くなりますし、再び休職をしてしまうことを防ぐことができるようになります。

うつ病の治療には時間がかかるということをご存知だと思いますが、不眠症を改善させるのも多くの場合半年や1年といった長い時間が必要になる場合もあるので、不眠症は精神疾患の症状の一つであることを理解し、じっくりと改善させていきましょう。

休職中の生活費を得るために

5830444338_a8f3d62c43_m

不眠症やうつ病などで休職した場合の賃金についてですが、一般的な会社に勤めている人は「傷病手当金」というお金を最長で1年6ヶ月受給することができます。

支払われる金額は、給料の3分の2程度ですが、働くことができず休職して治療をする際には非常に助かる制度です。

傷病手当金を請求する人は年々増加傾向にあります。と言うのも、うつ病などの精神疾患が原因で休職しているサラリーマンの数はどんどん増えているからです。

私も休職期間中は「傷病手当金」を受給していました。傷病手当金を受給するためには、医師の診断書のもと、会社が定めた休職規定に沿って会社と休職者が記入した書類を健康保険組合に送付し認められると1ヶ月に1度支給されます。

記入する書類の一部に担当医が記入する項目があるので、診察を受けた際に記入してもらうようにして下さい。

生活費の心配をできるだけ抑えるためにも休職を決めた場合は「傷病手当金」の請求方法を上司や人事担当者と確認をして、少しでも安心できる休職環境を作ることが大切です。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症Q&A

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ