眠れなくても横になっているだけで体は休まる?

549919304_960554d61f_m

不眠症で悩まされている方は、なかなか寝付くことができず辛い思いをしますよね。夜中に何度も目が覚めるのも熟睡感が得られないので辛いですが、寝付けないという方がより辛いと思います。

私は寝付くことができずに何度も眠くなるように意識して生活していましたが、夜寝ようとするとどうしても目がさえてしまっていました。

スポンサードリンク

眠れなくても体は休まるのか?

私は以前友人から「眠れなくても横になっているだけで体は休まる」というアドバイスを受けたことがあります。このアドバイスはわりと多くの方が聞いたことがあるのではないでしょうか?

私はテレビでもこのようなことを言っている方がいたので、てっきりそうなんだと思っていました。しかし、この「眠れなくても横になっていれば体は休まる」というのは間違いであることを知りました。

私が通院していたメンタルクリニックの医師にこの話しを聞いたところ、眠れない状態が続いているということは、自律神経の交感神経が優位に作用していることもあり、緊張状態が続いていることも一つの原因。

つまり、体が緊張状態になっているのを解消しなければ、いつまで経っても眠ることができず、当然体に緊張があるので横になっても体は休まらないと言うのです。

不眠症状で一番辛いのは「寝付くことができない」という症状ですが、これは無理に寝ようとすればするほど眠れなくなり、ストレスが溜まります。

リラックスしている状態で横になるのであれば体は休まるのですが、残念ながら不眠症で寝付くことができない場合はリラックスできていないことが多いので、「眠れなくても横になっていれば体は休まる」というのは誤った認識です。

眠れない場合は無理に寝ようとしない

2164566911_990309f761_m

眠れないときはイライラして、早く寝なければという焦りもあり、余計に寝付くことができません。このようなときは、無理に寝ようとせずに、一度起きて薄暗い部屋で本を読むなどしてリラックスすることが大切です。

自然と眠くなるまで寝ないと決めてしまった方が寝付きやすくなるということです。

不眠症の方がまず取り組むべきことは「時間帯に合わせて交感神経と副交感神経の交代を正常に戻すこと」です。

そのため、夜は自眠くなるような行動をとることが大切であり、それでも眠れないときは薄暗い部屋で椅子に座って本を読んだりして副交感神経を優位に働かせるよう対策をすることが重要なのです。

私は眠れないときはストレッチをすることと、足湯をして体を温めリラックスすることを心がけていますが、「足湯」はかなり効果があり寝付きやすくなったと感じています。

ぬるま湯で5分程度足だけ浸かることで、体がポカポカしてきて自然と眠くなることを実感していますので、なかなか寝付けずに苦しい思いをしているのであれば、一度実践してみて下さい。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症Q&A

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ