不眠症が原因で入院することもあるの?

2109163748

不眠症は症状が悪化していくと日常生活にも支障が出てきます。特に会社で働くサラリーマンにとって日中も眠気がとれず集中できないというのは問題ですよね。

しかし、不眠症は放っておくと症状はどんどん悪化してしまうので、できるだけ早い段階で適切な処置を施す必要があるのです。

スポンサードリンク

うつ病で入院していた管理人

私は不眠症からうつ病を発症し、長期間にわたり苦しんできました。会社を休職したり復職したり退職をしたりとずいぶんうつ病に苦しめられました。

きっかけは上司のパワハラと、労働基準法を全く無視した勤務時間で強いられたストレスによるものです。

うつ症状は次第に悪化してしまい、始めは抗うつ薬を中心とした薬物療法を行っていたのですが、自傷行為を繰り返すようになったため、精神科で入院をすることになりました。

この時に色々な方とであったのですが、その中でも不眠症によって自律神経が狂ってしまい生活習慣が乱れ、いつまでも眠れない状態が続いているため、他人の助けを借りないと生きていけない方が多かったです。

つまり、彼らは不眠症の改善のために精神状態を安定させる必要があり、そのために入院をしていたのです。

不眠症は放置していても症状が改善することはあまりないので、最悪の場合会社を辞めるか休職して入院治療を行う必要があるのです。

入院することで得られるメリット

8895509

入院をすることのメリットとしては、いつでも看護師や医師に相談することができ、同じような疾患を患っている患者同士が交流できる点です。

私も入院をして同じサラリーマンをしている方と知り合うことができ、その方とお互いを励ましあって入院生活を起こりましたし、それが良い意味で刺激になったので難題をクリアできたのだと思っています。

しかし、入院する病院にもよるのですが、中には完全に隔離されて外に出るにも病院の許可が必要という所もあるようなので、余計にストレスとなることもあります。

そのため、入院をする場合は目安の期間と入院時の環境については医師とよく相談して決める必要があるのです。

入院をすることで生活習慣を管理されるので、自然と規則正しい生活が送れるようになると共に、疲れた体を休めることができ、睡眠もきちんととれるようにもなるので、不眠症の症状が重く医師から入院を勧められている場合は一度検討しても良いのではないかと思います。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症Q&A

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ