不眠症の治療は保険適応なの?

5959010235

不眠症に悩まされる方は少しでも早く病院で診察を受けるべきです。理由としては不眠症は放っておいても症状が改善されるまでに時間がかかるからです。

しかし、心療内科や精神科の医師に診てもらい、適切な治療と薬物療法によって不眠症の症状はかなり改善されます。

日中も眠たいままでは色々なことに支障が出るため、早めに処置することが重要なのです。

スポンサードリンク

不眠症に保険は適応されるの?

不眠症の治療を受ける際にしばらく通院することも必要になるケースもあり、診察料や処方される薬に対して保険が適応なのかどうかは気になるところですね。

特に睡眠導入剤や精神安定剤などの薬は一般的な風邪薬とは違い、値段が高いため半年や1年といったスパンで考えるとかなりの出費になります。

しかし、安心して下さい。不眠症の治療には保険が適応されるケースが一般的です。中には保険適応外のものもあるのですが、多くの場合は保険が適応されます。

では、保険が適応される場合とはどのようなケースなのでしょうか?

保険が適応されるケースは心療内科や精神科での医師による診察とその病状による薬の処方です。風邪を引いた時に保険適応となりますが、不眠症の治療でも同じように保険適応とされ3割負担となります。

ただし、カウンセリングを受ける場合は保険が適応されないケースが多いです。

心療内科やメンタルクリニックなどでより深く病状にアプローチする手法としてカウンセリングがあるのですが、このカウンセリングは実費負担のところが多いですね。

私も以前カウンセリングを受けていたことがありますが、やはり実費負担となるので、少し金銭的に辛くなった時があります。

カウンセリングを受けなければ不眠症は治らないのか?

5959053589

いいえ。カウンセリングを受けなくても不眠症の症状を改善させることは十分可能です。私自身もカウンセリングを受けたのは初期の段階だけで、それ以降は薬物療法による治療を受けていました。

カウンセリングにも良い面は沢山あるのですが、私の体験から言うと先に薬物療法を試してみて、どうしても眠れない原因が続いてしまう時は受けてみると良いでしょう。

薬物療法では、精神安定剤や抗うつ薬、睡眠導入剤や睡眠薬で不眠症上を緩和させるのが主な役割となります。精神安定剤と睡眠導入剤などの薬は心療内科や精神科、メンタルクリニックなどで処方してもらうことができるので、適量を守って服用すれば薬物依存になることはありません。

つまり、不眠症の症状を改善させるためには、医師の診察→薬物療法→カウンセリングという順番がベストではないかと私は感じています。

保険適応外のカウンセリングを受けなくても不眠症を改善させることは十分可能なので、まずは自宅付近の心療内科や精神科、メンタルクリニックを受診してみましょう。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症Q&A

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ