不眠症はアイマスクで改善される?

8434725081_727f29733f_m

私は不眠症を発症してから改善するまで長くかかりました。初期の頃は暗い静かな部屋で寝ていてもどこか眠ることに集中できず、色々なことを布団の中で考えてしまっていました。

ちょっとした物音や、カーテン越しの光がわずかでもあると気になって眠れなくなってしまうのです。

そこで、これまでどこか抵抗があったアイマスクを購入し、アイマスクを就けて眠るようにしたのですが、これが意外と効果的でした。

スポンサードリンク

アイマスクの種類と効果について

一昔前のアイマスクと言えば、マスクに似たただの黒い布を装着するというイメージが強かったのですが、最近はそれだけではなく、袋から取り出すと温かくなるものや、ハーブの香りがしてリラックスできるものなどがあります。

また、視力回復用の小さな穴が沢山あいているタイプの「ピンホールアイマスク」などもあり、様々な種類のものが販売されています。

私は温かくなるタイプのアイマスクを使用しているのですが、これが意外とリラックス効果を得ることができ、眠りにつきやすくなると同時に眼精疲労にも効果があるので、翌朝はスッキリと目覚めることができて、目の疲れもとれるという一石二鳥です。

アイマスクは少しきつめにする方も多いようですが、温かくなるタイプのアイマスクや、ハーブの香りがするアイマスクなど最近のアイマスクはキツく閉めすぎず、少しゆとりを持たせて装着すると効果を実感することができます。

最近では生活の中でパソコンやスマートフォンなどをよく見ることから、ブルーライトなどの光が余計に眠れなくさせると言われていますが、青マスクを使用することでブルーライトを浴びて疲れた目をゆっくりと回復させることができるのです。

アイマスクを実際に使用してみて

5093097719_a39c3b1bfc_m

アイマスクを使い始めた頃は確かに気になりました。耳に引っ掛けるタイプのものは、耳のあたりが気になって眠れないのかなと心配もしました。

ところが、2、3日使用していると、あまり気にならなくなり、それよりも目の回りが温々と温かくなるので、リラックスすることができるので眠りにつきやすくなります。

睡眠薬や睡眠導入剤に抵抗がある方も多いと思いますが、そのような場合はまずはアイマスクを使用してリラックスしながら眠ることを実践してみて下さい。

アイマスクは無理に装着すると余計に眠れなくなるので、1週間ほど使用しても慣れない場合は辞めた方が良いでしょう。ただ、最初はどうしても慣れるまでに時間がかかるので、1週間は継続して試してみることをお勧めします。

できるだけ身体を温かくして、リラックスすることを心がけながら眠る習慣を身につけると、自然とアイマスクが無くても眠れるようになるので、依存性は特にありません。

また、旅行先など眠るときの環境が変わる場合は特に効果を実感することができるので、旅のグッズの一つとしても使えるので良いですね。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症Q&A

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ