不眠により体内時計が狂うと憂鬱になる

364608754_ba08773536_m

月曜日の朝は憂鬱になるという方も多いのではないでしょうか?

私も月曜日の朝はスッキリせず、どこか心が重い状態になり憂鬱な気分になります。ただ、しっかりと睡眠がとれた日の月曜日は調子が良いので、憂鬱な気分と睡眠の質には深い関係があるのだということがわかります。

スポンサードリンク

週末に狂いやすい体内時計

「週末の寝溜め」は全く意味がないということをこのサイトでもお伝えしていますが、週末に生活サイクルを変化させてしまうことで不眠になる理由としては「体内時計の乱れ」が起こるからです。

休日でもいつもと同じ時間に起きた場合、家でゆっくりしていたとしても体内時計は一度リセットされるので、夜は眠りやすくなります。しかし、寝溜めをしてしまうと体内時計は狂ったままの状態になるため、夜はなかなか寝付くことができず、睡眠の質も悪くなります。

ある研究によると、起きる時間がいつもよりも2時間以上違った場合、体内時計が狂い体内時計が狂うことによって体内の細胞の一つにある「時計遺伝子」にも狂いが生じるので、時計遺伝子の違和感を感じて憂鬱な気分になってしまうということが分かっています。

つまり、不眠症と体内時計は非常に密接な関係にあるため、睡眠時間の差が2時間以上違う場合は、気分が落ち込んだり、不安感を感じたりするようになるのです。

体内時計をリセットするには?

6188619301_92034e134c_m

体内時計をリセットするには、毎朝同じ時間に起きることと、陽の光を浴びることです。

休日もいつもと同じ時間に起きて、しっかりと活動することで体内時計はリセットされますし、太陽の光を浴びることでもリセットされます。

しかし、寝過ぎの場合は太陽の光を浴びても体内時計がリセットされにくいので、不眠症を解消するためには、規則正しい時間の活動といつもと同じ睡眠時間の実践が欠かせないのです。

私の場合は不眠状態が続いていたときも、できるだけ陽の光を浴びることを意識し、日中も昼寝はせずに活動をしました。

眠れていないので、お昼頃眠くはなるのですが、眠くなった時には運動をするなどしてコンディションを整えることを意識した結果、夜は疲れて眠りやすくなり結果的に不眠症状を改善させることができました。今でも土日も同じ時間に起きることを実践しています。

体内時計は想像以上に簡単に狂ってしまうので、気分が憂鬱になりやすいのです。憂鬱な気分を解放するためには質の高い睡眠が欠かせないので、「体内時計」に焦点を合わせて改善させていくと憂鬱を感じにくくなるので実践してみて下さい。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症Q&A

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ