不眠症は秋になりやすい?

3060093935_99b7d2ab23_m

日本の四季の中で、最も不眠症を発症しやすい季節が秋です。それまでは不眠状態になることがなかった人でも、秋になると急に不眠に悩まされることが多くなるのです。

特に、日頃は不眠で悩むことがない人ほど秋の不眠症対策はしっかりと行う必要があります。不眠症は簡単には改善できないこともあるので、細心の注意を払う必要があるのです。

スポンサードリンク

秋に不眠症状が出やすい理由

近年日本の夏は年々気温が高くなっており、猛暑の日が何日も続くことがありますよね。この猛暑日が多くなると、秋に不眠症状が出てしまう可能性が高くなるのです。

では、なぜ猛暑日が続いた年の秋に不眠症になってしまう方が多くなるのでしょうか?

一つめの理由としては、「日照時間の変化による体内リズムの崩れ」です。

秋は夏よりも日照時間が短くなり、日を浴びる時間が徐々に減っていくので、体内リズムが崩れてしまい本来寝るべき時間に眠ることができなくなるのです。

二つ目の理由は、「夏場の疲れ」です。

夏は汗を大量にかくことで体内のミネラルが失われる他に、屋内と屋外の温度差から体温調節のためにエネルギーを大量に消耗します。

エネルギーを大量に消耗すると、エネルギー代謝に必要なビタミンなどの栄養素が不足する傾向が高くなるので、秋になり過ごしやすくなってきたあたりで夏場の疲れが一気に出やすくなってしまうのです。

また、夏場は暑さによって質の高い睡眠が摂りにくい季節でもあります。そのため、慢性的な睡眠不足になりやすく、神経が高ぶる状態が続いてしまうために秋になると不眠症状が出てしまうのです。

秋の不眠症状を抑えるためには

4063874624_8e3f997ab9_m

秋に陥りやすい不眠症状を抑えるためには、睡眠の質と睡眠時間の両方をコントロールする必要があります。また、不眠症状に陥ってしまった場合は、自律神経の副交感神経を優位にさせるよう工夫する必要があります。

具体的には、真っ暗よりは薄暗い部屋で好きな音楽を小音で流し、適度にリラックスできる環境を作り出します。また、お香やアロマなどの香りでリラックスするのも良いですね。

そのような環境を作り出したら、毎日決まった時間には眠れる状態にします。これは時間が早すぎても遅すぎてもダメなので、無理のない範囲で遅くとも午前0時までには眠れる体勢を作りましょう。

眠れない時もあると思いますが、無理に眠ろうとするのではなく、目を閉じて軽く音楽を聴きながら横になるだけでも脳の中はリラックスできるので実践してみて下さい。

また、どうしても眠れない場合は、眠る数時間前に軽い運動をするのも効果的です。私の場合も軽く30分程度のランニングをするだけで寝付きの良さ、睡眠の質はだいぶ違うと実感しました。

秋は不眠症に陥りやすい季節なので、できるだけ生活リズムは崩さずに睡眠時間もしっかりととって休むことを心がけると同時に、できるだけ長く陽の光を浴びることを意識して下さい。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症Q&A

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ