不眠症に効果的な足つぼ

4974490402_abfaa81464_m

不眠症を改善させるためには、リラックスできる時間を持つことが大切です。リラックスした時間を持つためには、自律神経である「副交感神経」を優位にする必要があります。

不眠症の改善ん方法は色々とあるのですが、今すぐ実行できて不眠症に効果がある方法として「足つぼマッサージ」があります。

スポンサードリンク

足つぼマッサージの効果

足つぼマッサージをマッサージ店などで受けた方もいらっしゃると思いますが、足つぼには体内の色々な部位のツボが集中しており、不眠症だけではなく脳や内蔵などの臓器を活性化させたりすることができると言われています。

胃潰瘍で苦しんでいた人が、3ヶ月間週に3回足つぼマッサージを受け続けたところ症状が改善されたという方が私の知人にもいます。

足つぼマッッサージを定期的に受けることで、自分の体調のどの部分が悪いのかを判断することができるようになり、血行を促進することで体全体と心がリラックスすることができるのです。

私は不眠症になる前からたまに足つぼマッサージを受けていたのですが、正直毎回かなり痛くて時には動き回ってしまうこともありました。

これは身体の様々な部位に異常があるためであり、規則正しい生活や食生活を改善させてからは痛みを感じなくなり、「気持ちが良い、心地よくリラックスできる」ようになりました。

らに足つぼマッサージを受けることで、質の高い睡眠をとることができるようになりました。

寝付きが良くなるのはもちろんですが、夜中に何度も目が覚めてしまうこともなくなり、朝までしっかり眠ることができるのようになったので、疲れやすい身体も「疲れにくい身体」にすることができました。

足つぼマッサージは今すぐできるので、早速今日から実践して下さい。

足つぼマッサージのポイント

IMG_1019

不眠症を改善させる足つぼマッサージはいくつかあるので、一つずつ紹介していきます。

失眠(しつみん)
◎ツボの位置

足の裏の中央線と、内外くるぶしを繋いだ線の交わる場所。

◎ツボの押し方

小さくて硬いものを用意して、それを踏むようにして刺激を与える

湧泉(ゆうせん)
◎ツボの場所

足の裏の中央線の真ん中より少しつま先側のへこんだ部分

◎ツボの押し方

小さくて硬いものを用意して、それを踏むようにして刺激を与える。

強く短い時間ではなく、じっくりと10秒ほどかけて刺激を与える。

行間(こうかん)
◎ツボの場所

足の親指と人差し指の付け根で繋がっている部分

◎ツボの押し方

親指の腹の部分でツボを押して、3秒程度の時間をかけてゆっくりと刺激を与える

太谿(たいけい)
◎ツボの位置

足の内くるぶしの後ろ側のくぼんでいる部分

◎ツボの押し方

親指の腹で気持ちいい程度の刺激を与える。

これらのツボマッサージを毎日行うことで不眠症状も和らいできます。

ツボ押しマッサージをする場合は、テレビなどを観ながらでも良いですし、暗く静かな部屋でゆっくりと行っても構いません。自分が一番リラックスできる環境を作り出してマッサージをするとより効果が高まりますよ。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症克服法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ