不眠症を和らげる睡眠導入剤について

3801275386

不眠症を和らげるために使われる薬として睡眠導入剤や睡眠薬があります。すでに不眠症になっている方はご存知ですよね。

しかし、睡眠導入剤や睡眠薬には「依存性がある」という間違った認識を持っている方も多いため、なかなか手が出せない方がいます。

では、睡眠薬や睡眠導入剤は本当に依存性が強くやめられなくなるのでしょうか。

スポンサードリンク

睡眠導入剤と睡眠薬との違い

睡眠導入剤と睡眠薬はどちらも安定した睡眠を確保するために使われる薬ですが、簡単に言うと、睡眠導入剤は寝付きを良くする薬で、睡眠薬は深い眠りを促す役割があります。

不眠症の場合寝ようと横になっても色々な理由で寝付くことができず、朝まで一睡もできないということがよくありますよね。

しかし、睡眠導入剤や睡眠薬を服用するととても簡単に眠りにつくことができるようになります。実際に私も不眠の症状が現れた時に医師から睡眠導入剤を処方され、寝る1時間くらい前に服用すると眠気が襲ってきて、今まで眠れなかったことが嘘のように、短時間で眠りにつくことができるようになりました。

睡眠導入剤を服用してからは夜中に起きるこもが無くなり、朝までぐっすり眠れるのでとても気持ちがいい朝を迎えることができます。

睡眠薬に関しても服用したことがあるのですが、効果が現れるまでに睡眠導入剤よりも若干時間がかかる欠点がありますが、眠りの質に関しては睡眠薬の方が良い感じがしています。

不眠症で精神科や心療内科を受診した場合は最初は睡眠導入剤を服用してくれるところも多く、様子をみて睡眠薬にかえるところが多いです。

睡眠導入剤、睡眠薬は依存性があるの?

8119248181

睡眠導入剤や睡眠薬には依存性があるという方もいますが、きちんと医師の処方通りに薬を服用していれば依存することはありません。

ただ、市販の睡眠薬は飲み続けていると効果が薄くなるということはあるので、できれば一度専門医の診察を受けて、適切な睡眠導入剤や睡眠薬を服用した方が良いでしょう。

私は薬2年ほど睡眠導入剤を毎日服用してきましたが、現在では睡眠導入剤も睡眠薬も飲まずに眠ることができるようになっています。このことからも、睡眠導入剤や睡眠薬には依存性がなく、医師の指示通り服用する量を減らし飲まなくても眠れるようになるということが分かると思います。

不眠症気味でなかなか寝付くことができない方は、いきなり睡眠薬を服用するのではなく、睡眠導入剤から始めてみることをおすすめします。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症克服法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ