不眠症は大豆製品を取り入れて改善する

2766736919

不眠症に悩んでいる方の中には寝付きを良くする方法だけに固執していますが、実は眠りの質を高めるために重要なのjは「食習慣」です。

偏った食事はいけないと理解している人は多いと思いますが、不眠症の改善には摂取する食品によっても効果的であるものとそうでないものがあります。

今回は不眠症改善に効果的な食品の一つである「大豆製品」について紹介します。

スポンサードリンク

大豆製品が不眠症改善に効果的な理由

大豆製品は健康に良い食品の一つですが、大豆製品には「トリプトファン」が多く含まれています。

「トリプトファン」は脳に運ばれ精神を安定させる脳内神経伝達物質の一つである「セロトニン」を生成し、睡眠ホルモンである「メラトニン」を生成する原料となるのです。

また、大豆製品には脳神経の働きを助けて不安を取り除く「ナイアシン」、精神を安定させ不眠症を改善するビタミンB1、ストレスや疲労感を和らげ安眠を助けるビタミンCが多く含まれているので、不眠症状を改善するために効果的な食材と言えます。

大豆製品に豊富に含まれているトリプトファンはご飯と一緒に食べるとより効果的であり、日本の古くからの朝ご飯メニューである、「納豆とご飯とお味噌汁」というメニューは不眠症対策には効果的な食事メニューなのです。

私はできるだけ毎日大豆製品を摂取するようにしています。特に朝と夜は必ず1品大豆製品を意識したメニューを加えるようにしています。

大豆製品を多く摂取し始めてからは少し不眠症改善に効果があることを実感しましたし、夜の眠りの質が良くなったように思います。当時は睡眠導入剤も服用していたのですが、薬の効き目が良くなり、自然と眠気が起こるようになりました。

大豆製品はうつ病にも効果的

4339062041

不眠症を患っている患者さんの中にはうつ病を併発している場合も珍しくありません。私も不眠症に悩む前からうつ病を患っていました。

精神的な病の代表格であるうつ病にも大豆製品は効果を発揮します。うつ病の原因となるのは脳内の神経伝達物質であるセロトニンの枯渇があるのですが、大豆製品に含まれるトリプトファンの影響でセロトニンの分泌量が増え、不安感や焦燥感などを和らげることができるようになるのです。

サプリメントなどでもトリプトファンを摂取することはできますが、やはり食品から摂取した方が効果を感じることができるのでお勧めします。

うつ病を克服する段階で不眠症状が治まったという方も珍しくなく、不眠症を改善させた結果うつ症状が良くなったというケースもあります。

不眠症を改善するにはやはり食習慣を見直し、大豆製品を1品でも意識的に摂取することが重要であり、抗うつ薬や睡眠導入剤の効果をより実感することができるようになるので、ぜひ取り入れてみて下さい。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症克服法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ