不眠症とテレビ、スマートフォン、パソコンの関係

5300371104_627d0763c5_m

私が小さい頃は夜テレビを見るのは良くないということで、眠る1時間前には消すようにと教育されてきました。

しかし、大人になった現在不眠症に悩まされるようになるまで夜中もテレビを見ているのが普通の生活になってしまっていました。

スポンサードリンク

テレビやスマートフォンが良くない理由

私は不眠症に悩まされるようになってから心療内科を受診し、睡眠導入剤を服用し始めたのですが、私が通院していた心療内科には高校生くらいの子供も多くいました。

最近ではLINEなどで夜遅くまで友達とやり取りをしている子が多いようで、それが原因で不眠症になってしまう子供も多くなってきているとのことです。

テレビを夜中まで見ていたり、スマートフォンで友達とやり取りをしていると不眠症になる原因としては、「脳が興奮して眠れなくなる」ことと、「光が眠りを妨げる」などが言われています。

確かに明るい画面を見た直後に眠ろうと思ってもなかなか寝付くことはできませんし、テレビなどで興奮状態になってしまうとこちらも寝付くことができなくなります。

脳が興奮して眠れなくなるのは深夜までテレビやスマートフォンを利用していると、ブルーライトという光を浴びることになり、これが脳を興奮させる作用があるのです。

一度興奮した脳は、2~3時間程度は治まらず、テレビを消した直後や、スマートフォンでのやりとりが終わった直後は眠りにつくことができないのです。

さらに、不眠症は「光」が原因となることも多いのですが、テレビやスマートフォン、パソコンから発せられる光は、睡眠に重要な役割があるメラトニンというホルモンの分泌が抑えられてしまうのでう。

メラトニンというのは本来夜になると脳内で分泌され、それによって身体は眠る準備を始めるようになります。しかし、テレビやスマートフォン、パソコンの画面を見ている際にはメラトニンの分泌が抑制されるので、なかなか眠りにつけなくなるのです。

テレビやスマートフォン、パソコンによる不眠症改善方法

4802227735_763ba09f4f_m

テレビやスマートフォン、パソコンなどでの不眠症を改善する最も良い方法は、遅くても眠る1時間前には消す必要があります。

1時間テレビを消して、暗い静かな部屋にいるだけでも徐々に眠さが出てきて眠ることができるようになります。また、テレビやスマートフォン、パソコンの明かるさも調整し、帰宅してからはできるだけ明かりを落とした環境で過ごすと良いです。

私も不眠症を改善する段階で、テレビを見ることをやめたり、スマートフォンは見ないようにしてからかなり改善されました。これまでは睡眠導入剤に頼らなければ眠れなかったのですが、今は薬なしで眠ることができるようになりました。

現代人にとって、テレビやスマートフォン、パソコンは日常生活に欠かすことができないものですが、使い方を工夫することも求められていると思います。

ぜひ今日からテレビやあスマートフォン、パソコンは寝る1時間前に消す習慣を身につけ実践して下さい。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症克服法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ