不眠症と運動不足の関係

8970063634

不眠症になる方の中には「慢性的な運動不足」である方も多いです。私も以前は仕事が忙しかったこともあり、運動をする余裕がありませんでした。

しかし、健康を維持するために、また、ストレスを解消しリラックスして眠ることを意識し始めてからは徐々に軽い運動をするようになりました。

不眠症になりやすい原因として運動不足も影響していることを実感しました。

スポンサードリンク

運動不足とはどのような状態か?

仕事をしているとつい運動をすることを忘れてしまいます。特に不眠症になるくらい神経が張りつめている方は何とかリラックスする方法を色々と探すのですが、「運動をする」習慣がないためにいつまで経ってもストレスが解消されず、身体も心もリラックスできません。

私のように仕事が忙しいという理由で、全く運動をしていなかったということはありませんか?

しかし、不眠症を改善するためにはある程度の「有酸素運動」が必要であり、運動する習慣を身につけるだけでも不眠症を改善させることができるのです。

慢性的な運動不足とは、1日の中で有酸素運動をする時間がないという状態です。サラリーマンだと運動する時間がないよと思われる方もいるのですが、何も特別激しい運動や長時間運動し続ける必要はありません。

ただ、不眠症に悩んでいる方の多くは、へとへとになるまでしなければ運動ではないと誤った認識を持っている方も多いのです。

過去の私のように1日の中で全く運動をしていない状態は「完全な運動不足」であり、身体と心が緊張から解放されないために不眠症へと繫がってしまうのです。

運動不足を解消し快眠を得るためには

5001905943

運動不足を解消するためにはある程度の期間が必要です。しかしながら簡単に取り組める方法でも心と身体をリラックスさせることはできます。

代表的な運動としては「30分のウォーキング」です。たった30分の運動でも有酸素運動を心がければ心身ともにリラックスすることができ、身体と心のバランスも整えられます。

私はほぼ毎日(雨の日以外)は30分のの少し早く歩くウォーキングを実践しています。ウォーキングをするだけでも不眠症の改善はできるようになりました。

また、ストレスも解消されていくので、イライラしたり頭がぼーっとすることも無くなり、疲れていてもアクティブに活動ができ、心の状態もかなり安定しています。

不眠症になってメンタルクリニックなどに通院すると症状が落ち着き始めた頃から医師に運動をするようにと言われることが多いです。

つまり、不眠症の専門機関であるメンタルクリニックでも「運動をすること」を奨励しているのです。

今は何も運動をしていなくても少し早歩きを意識して、有酸素運動に切り替えてしまえば不眠症を改善することができます。動けない状態でなければ、今すぐ30分のウォーキングを実践していきましょう。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症克服法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ