不眠症治療薬で不眠症を改善する

3801275386_e2fcfa0a77_m

不眠症になると、早く寝ようと思っても寝付くことができず朝まで一睡もできないことがよくあります。身体は疲れているのに、寝ようとすると目が冴えてしまうのです。

また、不眠症の症状に気がついていながらも対策をしていない方は意外と多く、1人で思い悩んでしまっている方も珍しくありません。

スポンサードリンク

不眠症改善には薬も必要

私の場合、寝ようとしても一睡もできず、眠ることを諦め全く寝ずに仕事に行くということがよくありました。一日ぐらいであれば、耐えることはできるのですが、2~3日続くと日中に眠さがきてしまい、仕事中に寝てしまうことがありました。

これは夜中に一睡もできなかったため、睡眠のサイクル、体内時計が完全に狂ってしまっているためで、ここまで症状が重くなると自力で改善させることは難しくなります。

そこで心療内科を受診し、最初に睡眠薬、次に睡眠導入剤を服用するようになり、徐々に不眠症の症状が改善されてきました。薬を服用したことで思っていたよりもずっと楽に眠れるようになりましたし、日中に眠くなってしまう症状も和らぎました。

これは人によっても個人差があるのですが、睡眠薬や睡眠導入剤だけで症状が改善できない場合は、精神安定剤や抗うつ薬も一緒に服用することがあります。

こうした薬を服用することによってまずは睡眠のサイクルを整え、その上でさらに治療が必要か、改善の兆しが見られるかを判断することが大切です。そのため、私は不眠症状が続くようであれば、1日も早く心療内科や精神科を受診して、薬の力を借りて治療をした方が良いと思っています。

睡眠薬には依存性があるのか?

4882443718_e389501a6e_m

睡眠薬や睡眠導入剤と聞くと、「依存性があるから嫌だ」という方がいますが、これは半分本当で半分嘘です。

半分本当というのは、睡眠薬や睡眠導入剤を決められて量よりも多く服用しているケースがほとんどであり、自力で眠るためのサイクルを完全に薬頼りになってしまっているからです。

医師の指示通り服用していれば依存性はありませんし、実際に私自身も1年ほど睡眠薬、睡眠導入剤を服用していましたが、医師の指示通り服用していたので徐々に減らすことができ、現在は全く服用しなくても眠ることができています。

睡眠薬や睡眠導入剤の依存症を医師の指示通り服用せずに、2倍、3倍の量を服用してしまうと強く依存してしまい元に戻すのはかなり大変なことになるので、適量は必ず守ってあくまでも自分を自制して依存症にならないように注意することが何よりも大切だと思っています。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症克服法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ