不眠症改善にはハーブティーがおすすめ

3975928974_73a987308e_m

不眠症になる一つの原因として、「緊張状態が続いてしまう」ということがあります。

本来であれば活動を鎮め、リラックスして睡眠を促す自律神経の一つである「副交感神経」が優位に働かなければならないのに、もう一つの自律神経である「交感神経」が優位に働いてしまうのです。

このような状態を抑え、不眠症を改善するための方法として「ハーブティー」を飲むことがあるのです。

スポンサードリンク

コーヒーやお茶ではなくハーブティーがおすすめ

コーヒーやお茶などのカフェインが多く含まれている飲み物は、「覚醒作用」があります。不眠症に悩んでいる場合であれば、まずはカフェインの摂取量を減らすことを意識して下さい。

中には、カフェインの摂取量を意識的に減らしただけで不眠症状が改善されたという人もめずらしくありません。不眠症になったら必ず睡眠薬や睡眠導入剤を服用しなければならないということではないのです。

では、1日に摂取するカフェインはどの程度で睡眠に害を及ぼすのでしょうか。

1日にどの程度のカフェインを摂取すると睡眠に影響がでるのかについては、日本では明確な値の設定がされていません。しかし、海外においては、1日210mg以上摂取した場合は不安作用があると言われています。

さらにカフェインの摂取量が125mgを超えると不安やイライラといった感情に影響が起りやすいということが見られたということです。

つまり、カフェインの過剰摂取は不安とイライラ、睡眠障害などに大きな影響を及ぼし、不眠症に悩んでいる場合はできるだけカフェインの摂取量を控え、違う飲み物でリラックス効果を得る必要があるのです。

ハーブティーを飲み続けた効果

375315230_e6dfade27f_m

不眠症対策に効果的なのは「ジャーマンカモミール」や「ペパーミント」などのハーブティーがおすすめです。ハーブティーは自律神経で睡眠に関係している「副交感神経」の働きを良くする効果があり、入眠効果が高いとされています。

私は眠る時間の1時間前にはテレビもパソコンも消して、温かいハーブティーを飲んでリラックスすることを心がけています。主に飲んでいるのは「ジャーマンカモミール」ですが、以前は不眠症対策として睡眠薬や睡眠導入剤を服用していたのですが、現在はハーブティーでリラックスすることによって「自然と眠くなる」ようになりました。

ハーブティーは比較的簡単に手に入れることができますし、現在では「無農薬」のハーブティーもあります。初めて購入する際には、インターネット上の口コミや実際にハーブティーの専門店で販売員さんに聞くと良いですね。

ハーブティーはさらに不規則になった生活のリズムを整える働きもあるので、生活習慣が乱れている人にとっては効果的だと言うことが分かっています。

カモミールなどのハーブティーは「飲み続けること」が大切です。1日1杯寝る1時間前に飲んでリラックスをすることを心がければ、徐々に不眠症状は改善されていくので、実践してみて下さい。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症克服法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ