不眠症を改善させる食事について

5524017148

不眠症になる原因としては、不規則な生活習慣や精神的な不安定さがありますが、それだけではなく食事の偏りによって不眠症になるケースもあるのです。

不眠症は食習慣を改善させるだけでも効果があるので、ぜひこれまでの食生活を見直して栄養価があり健康的な毎日を送れるように意識して下さい。

スポンサードリンク

塩分の多い食事は控える

生活習慣病などでよく指摘されるのは、「味の濃い食事」を続けてしまっていることです。ただ、不眠症の場合はさらに「塩分」を多く含む食事を食べているとなりやすいという傾向があります。

塩分が多い食事をすると血圧が上がる、いわゆる高血圧の状態となりますが、高血圧は睡眠に悪影響を与えます。高血圧に悩む方の多くが不眠症状を訴えており、高血圧を改善させることで不眠症状が治まったという方も多いのです。

塩分が多く含まれている食事は、確かに味付けが濃いので好まれる傾向にありますし、私も薄味よりは濃い味付けの方が好きです。

しかし、食生活を見直し薄味のものを食べるようにしてからは、身体が健康的になり不眠症状も改善されました。

日本人は元々は薄味の食事を好んで食べていましたが、食文化の欧米化によって大きく変化してきています。ただ、まだまだ欧米の食習慣には馴染んでおらず身体がついていけないので高血圧になったり不眠症になることがあるのです。

塩分は生活習慣病を招き、不眠症にも悪影響を及ぼす食事なので、できる限り塩分は控えて薄味の食事をするように意識してみて下さい。

一日三食食べることで不眠症が改善

1753332230

現代はダイエットブームで、様々なダイエットを実践している方がいます。その中には食習慣を改善させてダイエットをする方法などもありますが、ここで間違いを犯してしまう方がいます。

それは「食事を抜いてダイエットをする」方法を実践してしまっていることです。

朝ご飯を抜いてダイエットをするというスタイルは不眠症改善に悪影響を及ぼします。理由としては、三食食べないために生活のリズム、体内時計を狂わすことにつながるので不眠症状が強く出てしまうからです。

さらに、一日二食しか食べない人は、身体が勝手にエネルギーを効率よく取り込んでしまうため、脂肪を蓄えやすくしてしまうのです。

食べる量を減らしても体重が減らないのはこのような理由からなのです。

つまり、一日三食食べる人と一日二食しか食べない人では、不眠症改善に大きな差が生まれてしまい、二食しか食べない人は肥満などの原因にもなり得るので注意が必要です。

また、食事の中で「カルシウム」の摂取が不十分な場合も不眠症になりやすいです。カルシウムは高血圧の原因になり、不眠症の原因にも繫がります。

カルシウムは牛乳から摂取することができるので、不眠症を改善させるためにも牛乳を毎日飲む習慣を身につけて下さい。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症克服法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ