不眠症の治療法にはどんなものがあるの?

IMG_5595

私は不眠症に悩まされていた時、同時にうつ病も発症していました。最初は眠れないという状況が続いていたので、市販の睡眠導入剤を服用していたのですが症状は改善せず。

そこで、心療内科を受診し本格的にうつ病、不眠症の治療を開始しました。不眠症の治療法にはいくつかの種類がありますが、今回は代表的な薬物治療を紹介します。

スポンサードリンク

主な治療は薬物療法

不眠症の治療で最もポピュラーな治療法が「薬物療法」です。

睡眠導入剤や睡眠薬という言葉を聞いたことがあると思いますが、寝る前に薬を服用することで眠くなると共に睡眠の質を高めることが目的です。

睡眠導入剤は薬局などでも販売されているため、比較的簡単に手に入ることから、多くの方が服用しているのが現状です。

しかし、中には眠れない症状が強い場合、定められている薬の何倍もの量を服用してしまっている方も多く、そのような場合薬の効力が弱まりさらに多く服用してしまうと言う悪循環になってしまう例も少なくありません。

そのため、私は心療内科を受診した際に睡眠導入剤を処方してもらっているのですが、市販の睡眠導入剤よりも効力があると感じていますし、用量を守って服用しているので効力が弱まっていると感じたことはありません。

ただ、私のようにうつ病からくる不眠症の場合は薬物療法を試すのは良いのですが、神経症からくる不眠症の場合は薬を服用することで逆にに不眠の「とらわれ」や「ストレス」を強くしてしまうことがあるので注意が必要です。

神経症からくる不眠症の場合、毎日のように「今夜も眠れなかったらどうしよう」と不安を感じる人が多いのですが、症状は様々で寝付くことはできても夜中に目を覚ましてしまうと眠れなくなるなどの場合もあるので、まずは専門医を受診し適切な薬による治療を実践することが大切です。

私の場合は睡眠導入剤と抗うつ薬を同時に寝る前に服用することで、不安感を抑えながら睡眠の質を高めることができています。

サプリメントで不眠症は改善されるのか?

3700822785_c8297c0dfe_m

私は処方されている抗うつ薬と合わせてサプリメントも服用しています。サプリメントは基本的に抗うつ薬や睡眠導入剤と併せて服用しても問題が無いので、適量を守って飲んでいます。

最初は睡眠導入剤なしで、抗うつ薬とサプリメントだけで眠るようにしていたのですが、私の場合はうつ症状がかなり強く、サプリメントだけでは厳しいことを実感し医師が処方する睡眠導入剤を服用することにしました。

ただ、サプリメントは継続して飲んでいるのですが、その理由としては、質の高い睡眠を取ることができる、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌量を維持することが主な目的です。

抗うつ薬は最小限に抑え、睡眠導入剤も比較的弱いものにし、サプリメントで整える要なイメージですが、質の高い睡眠が日常的に取れるようになってからはサプリメントだけにする時もあります。

不眠症の治療には薬物療法が一般的ですが、私は少し値段が高くても医師から処方された薬の方が効果があると思っています。

市販の睡眠導入剤や睡眠薬でも眠れない場合は、うつ病などを発症している可能性もあるので、できるだけ早く専門医に相談して下さい。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症克服法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ