不眠症にバナナは効果的

6612824761_3f66a93c71_m

私は毎朝1本バナナを食べるようにしているのですが、不眠症を改善するためには重要なエネルギー源の一つであると思っています。

バナナを食べてからは、不眠症に効果的なサプリメントを飲まなくても自然と眠ることができるようになりました。

スポンサードリンク

バナナが不眠症に効果的な理由

睡眠の質を高めるために重要な役割を担っている成分が「トリプトファン」です。

トリプトファンは必須アミノ酸の1つです。必須アミノ酸は人が体内で作り出すことができないので、食品から多く摂取することが重要です。

その食品の中でもトリプトファンが多く含まれており、日常的に摂取できるものに「バナナ」があるのです。

豆類や魚、肉、乳製品にはトリプトファンが多く含まれていますが、「果物」というくくりだとバナナは比較的豊富にトリプトファンが含まれています。

トリプトファンは体内に入ると血液に乗って脳に届けられます。そして、トリプトファンは脳内で神経伝達物質である「セロトニン」の原料となります。

セロトニンは気持ちを落ち着ける作用があるので、セロトニン不足になると心がリラックスできないため眠ることができなくなってしまうのです。

さらに、セロトニンは「メラトニンの原料」にもなるので、夜になるとメラトニンが分泌されます。メラトニンというのは睡眠物質と呼ばれているもので、メラトニンが正常に分泌されていないと質の高い睡眠はできなくなってしまいます。

バナナに含まれているトリプトファンが結果的に睡眠の質を高めることになります。バナナは朝食で食べることによって、寝付きが良くなるだけではなく、寝起きも良くなるので疲れが翌日に残りにくくなります。

バナナを朝食で摂取した結果

4740706822_94b5790006_m

私はこれまでトリプトファンが含まれているサプリメントを使用してきましたが、途中からバナナを朝食に食べ、夜はサプリメントを飲むようにしました。

できるだけトリプトファンを摂取するように心がけた結果、睡眠導入剤や睡眠薬を服用しなくても眠れるようになり、バナナとサプリメントだけでもぐっすりと眠れるようになりました。

さらに、サプリメントを控え、バナナを1日朝と夜の2回摂取することを習慣にした結果、サプリメントを飲まなくても寝付き、寝起きが良くなりました。

もちろん食事にも気を使って入るのですが、比較的簡単に取入れられるバナナは不眠症改善にとても効果があると実感したので、まだ取入れていない方はぜひ実践してみて下さい。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症克服法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ