不眠症で徹夜してしまった場合の対処法

5885747179_939f256af9_m

不眠症になると「徹夜状態」になることも珍しくありません。

私も不眠症状が強かった時期は、寝入ることができず徹夜してしまったことが何度もあります。徹夜をしてしまった次の日は本当に辛く、日中に仕事もできないほどの眠気に襲われることもありました。

そこで、何とか徹夜明けでも仕事に支障がでない対処法はないものか色々と考え実践してみました。

スポンサードリンク

栄養ドリンクは逆効果

眠気を覚ますことが謳われている「栄養ドリンク」ですが、これはあまりお勧めはしません。

確かに栄養ドリンクは1時的には眠気が薄くなり、覚醒ことでやる気、体力、集中力も増したように感じると思います。

しかし、多くの栄養ドリンクの効果は長くても3時間程度と言われており、例えばお昼に栄養ドリンクを飲んだとしても15時くらいには効果が全くなくなります。

さらに、栄養ドリンクの弱い覚醒効果が切れた場合、さらに強い眠気に襲われることも珍しくなく、栄養ドリンクを飲む前よりも遥かに強い眠気に襲われることになるのです。

栄養ドリンクは飲んだだけで「元気になった気になる」という方が多いのですが、あくまで短期的な効果で、一日中効果があるものではありませんので、その後のリスクを考えると注意が必要ですね。

お昼休みの5分間昼寝をする

IMG_5595

お昼休みに座ったまま突っ伏して5分間だけ昼寝をしてみて下さい。徹夜明けの場合、昼寝をしてしまうと起きられないのでは?と思う方も多いと思いますが、5分間の昼寝であれば効果的に眠気を解消することができ、午後の仕事も集中して頑張ることができます。

私は昼食を食べた後に不眠症に悩まされていたときは毎日5分間昼寝を実践していました。5分間という短い時間でも、リラックスすることができれば再び集中力や記憶力も復活し、仕事を効率的に行うことができます。

さらに、5分間だけであれば夜の睡眠に影響を与えることはありません。私が実践していた時も5分の昼寝をしても夜は眠れるようになりました。

不眠症で徹夜状態が続いている場合は、5分間突っ伏して昼寝をするだけでも大きな効果を実感できたので、不眠症による徹夜明けの場合は試して下さい。

1時間に5分は休憩を

私は不眠症で徹夜になってしまった翌日は必ず1時間に5分は休憩を入れて、全身をゆっくりと動かし、特に腕を回すことをやっています。

具体的には腕をグルグル回し肩甲骨を動かすように意識すると肩こり予防にもなり、体を動かすことで眠気もとれていくのです。

眠気が強くなるお昼過ぎや夕方は特に「休憩時間」を大切にしています。食事を食べるとどうしても眠気が怒りますが、これは不眠症患者だけではなく、一般的な人でも眠くなります。

このような状態を回避するために体を動かす時間を設けているのですが、眠気が少しは改善されるので効果はあると思っています。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症克服法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ