不眠症とリフレックス

8116279888_f94a675d4c_m

不眠症を改善するためには、私は薬物治療が最も早いのではないかと思っています。実際に私も睡眠導入剤や睡眠薬を服用し続け、徐々に薬を減らし不眠症を改善しました。

ただ、不眠症改善のための薬は睡眠導入剤や睡眠薬だけではありません。何の薬で、どのような効果があるのかをしっかりと知っておく必要があると思います。

スポンサードリンク

不眠症とリフレックス

心療内科や精神科に通院し「不眠症状が続いている」と告げた場合、寝入りを良くする睡眠導入剤や深い眠りを確保する睡眠薬の処方があり、多くの方が薬物療法を実践しています。

ただ、不眠症を改善させるための薬は、寝入りを良くしたり深い睡眠がとれるようになることが目的とされる薬だけではありません。

不眠症を患っている方の中には、「心の問題」を抱えている人が少なくありません。代表的な病気としって「うつ病」があり、その他にも色々な精神疾患があります。

これらの精神的な不安や自責の念などに捉われてしまっている心の問題を解決するために、睡眠導入剤や睡眠薬とは違う「抗うつ薬」が処方されることがあります。

その抗うつ薬の種類の一つとして「リフレックス」があります。

リフレックスの働きとしては、気分の落ち込みや悲観的になる、やる気がでない、集中できない、眠れないなどの症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けます。

また、緊張や不安感をほぐすことでうつ病改善などにも効果があると言われています。

リフレックスは脳の神経を刺激し、その働きを活性化するアドレナリンやセロトニンの量を増やし、精神活動を活発にする作用があるので、主にうつ病やうつ症状がある方に処方されます。

抗うつ薬のリフレックスで得られる効果

4882443718_e389501a6e_m

抗うつ薬はリフレックスの他にも沢山の種類があります。通常抗うつ薬が馴染むまでには2週間程度かかるとされており、自分にあった薬を見つけ出していくことになります。

抗うつ薬と睡眠導入剤や睡眠薬を併せて服用することで、寝入りや深い睡眠をとることができると同時に、朝の不安感や憂鬱感、倦怠感などを感じにくくする効果あります。

私の場合も睡眠導入剤と抗うつ薬を併せて服用していましたが、最初は眠ることができない、朝起きることができないといった症状はあったものの、徐々に薬に慣れたことでしっかりとした睡眠が取れるようになったので、日中の激しい眠気や心身の疲労も改善されました。

リフレックスも抗うつ薬の一つでもありますが、正常な睡眠をとるために心を落ち着かせる働きがあるので、眠れないという症状だけを医師に伝えるのではなく、うつ症状もあるということをしっかりと伝えるべきです。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症と薬

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ