24時間化による不眠症患者が急増

6979249628

このサイトでは不眠症を克服するために様々な改善方法をお伝えしていますが、現在では働く時間も人それぞれとなり、24時間の規則正しい時間の使い方や睡眠時間などに変化が生まれています。

以前は朝になったら働き始め、暗くなるころには仕事を終えて家族とゆっくり過ごすという時代もありましたが、残念ながら現代ではそう上手くはいきません。

昨今本来人間が眠るべき時間に眠れないことで病院やクリニックで診察を受ける方も少なくないのです。

スポンサードリンク

グローバル化による社会環境の変化

私は毎日必ずスマートフォンを操作しています。今は何でもインターネットで検索することができるようになったので、ちょっとしたことでもすぐにスマートフォンで調べたりしています。

私のように寝る前までスマートフォンを操作したり、パソコンに向かってネットサーフィンをしている方も珍しくないと思います。

また、グローバル化がどんどん進んでおり、海外の相手と仕事をする場合などは夜中であれメールやSkypeなどで会話することが多くなりました。

私が知っている企業の一つは、夜10時からSkypeによる会議が週1回あり、自宅に帰るのは終電ギリギリ。時には間に合わず会社近くの漫画喫茶で眠るという状態でした。

しかし、このグローバル化による働き方の変化についていける人もいるのですが、残念ながらついていくことができず、できない自分を責めたりして「うつ病」や「不眠症」になってしまう方が急増しているのです。

不眠症は1度なると薬なしで眠れるようになるまでに時間がかかります。また、早期に改善するためには、人間が本来持っていた生活のサイクルに戻さなければなりません。

しかし、24時間刻々と状況が変わる中で、深夜に働くというスタイルの方も増えており正しい生活サイクルを送ることができずにいるのです。

グローバル化による不眠症を回避するために

6190836868

企業で働いている以上、自分が早く帰りたいと思っても周囲の環境が許してくれず結局残業ばかりして疲弊してしまうことがあると思います。

しかし、私は1日3時間か4時間半でも良いので、午後11時から午前5時までの時間帯できるだけ眠ることをお勧めしています。

6時間は眠る必要がある方が圧倒的に多いのですが、どうしても時間がとれない場合などは4時間半、3時間と90分単位で時間を決めて、少しでも眠ることが大切なのです。

夜中が仕事の場合は日中眠ることになりますが、日中はどうしても明るくなるので質の高い睡眠がとりづらいです。そのような時は「遮光カーテン」と「アイマスク」を利用してリラックスできる環境で寝るとずいぶん変わります。

人は暗くなると眠くなるという習性を理解し環境を整えることが大切なのです。短時間睡眠では疲れがとれないという方も多いのですが、今の時代に簡単に転職することができない人もいますよね。

グローバル化の波に飲み込まれてしまっている多くの方は、正しい生活環境で暮らすことができていません。このような状態を避けるために「睡眠も重要な仕事の一つ」と理解して、短時間でも良いので午後11時から午前5時頃の間に睡眠を取りましょう。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症コラム

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ