不眠症と胃痛の関係性

2318662576

不眠症は眠ることができなくなるだけでなく、多くの身体的障害、精神的障害に発展してしまいます。

これには個人差もあるので、一人ひとり不眠症が原因の症状に違いはあります。しかし、不眠症になる方の多くが「胃痛」という症状が出ています。

不眠症になると胃痛がする。これはなぜなのでしょうか?

スポンサードリンク

胃痛はストレスが原因

不眠症と胃痛を合併している方の多くは、過度なストレスを日常的に感じている傾向が強いです。

私の場合は最初は眠れない日が続いて、辛くなってきたので慌てて心療内科へ行き睡眠導入剤を服用し始めました。

睡眠導入剤を服用してからはわりと眠ることができていたのですが、ある時から夜になると「胃痛」の症状が出てきて、その症状が辛いために再び眠れなくなるという状態になってしまいました。

心療内科では胃痛の原因はストレスと診断されましたが、念のため大きな病院へ行き精密検査を受けました。しかし、特に胃に異常はないとのことで、やはりストレスが胃痛という形で出てしまっているのだとのことでした。

最初は不眠症になり、眠れないことにものすごいストレスを抱えていました。また、せっかく眠れるようになったのにこれまでの環境や仕事時間など改めていなかったのでストレスが蓄積され、胃痛になり再び眠れなくなるという悪循環に陥っていたのです。

不眠症が先か、胃痛が先かは人によって違いますが、不眠症の影響、ストレスの影響で「胃痛」が症状として出てしまうことは決して珍しいことではないのです。

胃痛を回避する方法

4312521610

胃痛は多くの場合ストレスが原因となります。そのため、胃痛の症状を改善させるためにはストレスの軽減が一番重要です。

しかし、職場環境や人間関係は簡単には変えられません。不眠症であると職場で訴えても、聞き流されてしまうケースがほとんどだと思います。

では、具体的にストレスを軽減させるためにはどうすれば良いのでしょうか?

一番効果的なのは1日30分程度の運動です。

運動といっても30分のウォーキン程度で十分です。少し早めに歩いて少し呼吸が乱れる程度のスピードでOKです。私はだいたい毎日30分ウォーキングをしています。仕事で忙しい時でも、電車を一つ前の駅で降りて歩くようにしています。

また、雨の日は30分自分だけの時間を作るようにしています。

その時に目を閉じて、腹式呼吸を意識し直面している問題や悩み、将来の夢などのイメージを持ち、自分がどの状態になれば解決するのか、叶えることができるのかを考えます。

実際に簡単に変えられることばかりではありませんが、静かな部屋でゆっくりと考えることでストレスは大幅に改善されます。

不眠症も胃痛もストレスという共通点があり、そのストレスを手軽にできる方法で軽減すれば症状はかなり落ち着きます。

まずは、軽い運動や自分だけの時間を確保して、ストレスを継続的に解消していきましょう。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症の原因と症状

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ