不眠症は眠れても悪夢を見る

5953762813

不眠症は眠れないだけと思っている方も多いと思いますが、実は眠りの質も通常の方の睡眠とは大きく異なります。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠がありますが、これらは交互にやってくるのが一般的です。しかし不眠症になるとこのサイクルが崩れてしまうのです。

スポンサードリンク

悪夢の原因とは?

悪夢をみる一番の原因としてはストレスです。

ストレスは適度に解消しなければどんどんと溜まっていってしまい、心が不安定になります。自分で感じているよりも実はもっと多くのストレスを知らない間に抱えているというケースも珍しくありません。

私の場合はストレスが溜まっていることは分かっていたのですが、解消法が分からないため睡眠の質が下がりました。睡眠の質が下がると、朝起きた時にも倦怠感、疲労感が残り頭もスッキリせず行動力が落ちます。

また、睡眠の質が低いことで心のバランスも崩しうつ状態になることもよくあります。

他には悪夢の原因としては他にも薬による作用もあります。

例えば、血圧に作用する薬や抗うつ薬、睡眠薬やアルコールなどです。これらを服用することで悪夢を見ることが多くなります。

また、過去にすごく辛い体験をした場合なども悪夢を見る原因にもなります。

このように、悪夢を見るのは、心理的ストレスと薬による睡眠の質の低下が原因なのです。

悪夢を見ずにぐっすり眠るためには

5814284396

悪夢を見てしまうのは簡単には止めることができません。中には毎日同じ夢を見てしまうほど心理的に追い込まれているケースがあり、これを緩和するには時間がかかるからです。

ただ、通常の不眠で嫌な夢を見てしまう場合には、心療内科を受診し睡眠導入剤と精神安定剤を服用すれば悪夢を見ることもなくなり、睡眠の質も高くなります。

私の場合も通院している心療内科の医師に相談し、睡眠導入剤と精神安定剤を服用したところ悪夢を見ることもなくなり、翌日の朝もスッキリと目を覚ますことができるようになりました。

しかし、薬による治療を行う際には1点注意があります。

それは自分の都合で服用することを辞めないことです。

理由としては、薬を突然辞めてしまうと離脱症状として悪夢を見ることが多くなってしまうからです。

せっかく薬を上手に使い症状を緩和させることができても、薬を辞めてしまうとすぐにもとの状態に戻ってしまうのです。薬を減薬していく際には、必ず医師と確認したうえで減薬していきましょう。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症の原因と症状

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ