不眠症とメラトニンの関係性

346213314

不眠症の原因の一つはストレスなどのメンタル的な原因があります。私も不眠症になったきっかけは会社でのストレスが上手に発散することができなかったためです。

不眠症を患うと生活リズムが崩れ始めます。中には昼夜逆転してしまう方も珍しくないのです。

そこでストレスや不眠に悩んでいる方にチェックして頂きたのが「メラトニン」の働きです。

スポンサードリンク

メラトニンとは?

メラトニンとは体内で生成されるホルモンの一種です。メラトニンには体内時計を調整する働きがあり、睡眠覚醒といった生活リズムや精神活動の調節を行います。

メラトニンは脳内の松果体から分泌されるのですが、基本的には夜間から早朝にかけて促進され、日中は分泌されにくくなります。メラトニンは朝太陽の光が目に入ってから15時間前後経たないと分泌されません。

つまり、昼間はほとんど分泌されず暗くなってくるに連れて分泌されるようになるのです。

不眠症を改善するためには

1019348622

不眠症を改善するためには、このメラトニンの作用を上手く利用することが大切です。

具体的な方法としては、夜眠る1時間前位から部屋を暗くしておくのです。そうすることでメラトニンの分泌量が多くなるので自然な眠気が訪れるようになります。

私も実感したのですが、夜遅くまでテレビを見たりネットサーフィンをしたりスマートフォンをいじったりしていると寝付くまでに時間がかかります。

これは明るい液晶画面を見ていることでメラトニンの分泌ができなくなり、結果として寝付くまでにすごく時間がかかってしまうのです。

また、メラトニンは年齢を重ねるに連れて徐々に分泌量が減っていきます。

高齢者を見ていると朝起きる時間が徐々に早くなっていく傾向がありますよね。これはメラトニンの分泌量が少なくなるからです。このメラトニン不足によって、朝早く起きる、夜中に何度も目が覚めてしまうという症状が現れるのです。

不眠症とメラトニンは密接な関係があるので、不眠症の場合は眠る1時間前には部屋を暗くして自然と眠気が訪れるのを待つと不眠症改善に効果があります。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症の原因と症状

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ