生活環境の変化による不眠症

4737761364

「規則正しい生活」と言われることは多いと思いますが、規則正しい生活を送ることができない仕事をしている人も多いですよね。

私も以前は24時間働く企業に勤めていたので、不眠症を改善するためには規則正しい生活が一番と医師に言われても実行することができませんでした。

私のように生活環境が複雑で不眠症を発症してしまう方も多いと思います。

スポンサードリンク

社会の24時間化によって生活パターンが多様化している

コンビニ業界の24時間化をきっかけに、現在では様々な業界で24時間営業を行っている所があります。私の友人は警備会社で仕事をしているのですが、「シフト勤務制」なので時間がその日その日によって違い毎日バラバラな生活を送っています。

毎日バラバラの時間に働くということは、睡眠時間も大きく変化するので健康な人でも徐々に寝付きが悪くなってしまったりする傾向が強いのです。

私の友人も1年程前から「不眠」に悩まされるようになり、仕事が休みの日にメンタルクリニックに通院して「睡眠導入剤」を処方してもらっているようです。

しかし、その友人も私と同様に医師からまずは生活サイクルを整えることが大切と言われたのですが、家族もいるため仕事も辞められずどう考えても生活サイクルを正しくするのは難しいと悩んでいました。

睡眠が不足すると徐々に精神面にも影響が及んできます。特に仕事でのストレスや家庭内でのストレスがない場合でも、睡眠が不足してくるだけで「うつ病」を始めとする精神疾患にかかってしまうことも珍しくないのです。

24時間化がどんどん進化している現代においては、規則正しい生活を確保することよりも、睡眠の質を少しでも高めることが重要だと思います。

睡眠時間がバラバラでも睡眠を取る方法

363734610

私は夜仕事をして朝早くに眠り10時に起きるという生活を送っていました。睡眠時間は1日5時間程度です。私はもともと8時間は睡眠を取らなければ体調を崩しやすくなる体質なので、5時間ではとても短く、仕事中に眠気が襲ってくることが何回もありました。

しかし、睡眠の質を高めるように意識していくと眠る時間は同じでも、疲れが残りにくくなることを実感し、昼間中心の生活になった現在でもその睡眠方法を実践しています。

昼間に眠ることが多い方は次の点に注意して睡眠を取って下さい。

  • 30分の半身浴をする
  • 寝る前のお酒は控える
  • 部屋を真っ暗にする(遮光カーテンを利用する)
  • テレビはつけない
  • 耳栓とアイマスクをする

これらのことを実践すると5時間という短時間睡眠でも疲れを取ることができるようになります。

しかし、起きた時に眠いという状況は簡単には改善しません。もともと体質に合った睡眠時間ではないからです。この状況を打開するためにはやはり「睡眠導入剤」の力を借りることが最も効果的で、依存しづらいと感じています。

睡眠薬と睡眠導入剤は違うので、睡眠導入剤を医師に処方してもらい寝付きが良くなるだけでも睡眠中のストレスを軽減させることができます。

できれば昼間中心の生活を心がければ良いのですが、残念ながらどうしても今の生活環境を変えられない場合はぜひ上記の睡眠の取り方を実践してみて下さい。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症の原因と症状

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ