不眠症になるとイライラする

2543260211_8df806efcc_m

不眠症になる原因としてストレスを受けイライラすることがあります。これは長い時間緊張したり興奮したりを繰り返してしまい、脳にとって強い覚醒刺激となるためです。

その影響で睡眠の際にストレスを解消できていないと、覚醒しやすくなりなかなか寝付くことができなくなるのです。

スポンサードリンク

イライラしやすい環境とは?

私は不眠症と診断される前の半年間くらい、常にイライラしていました。

例えば、混雑する駅の中で人とぶつかったりすると猛烈にイライラして思わず文句を言ってしまうこともありましたし、仕事の付き合いが急にバカバカしく感じてしまい、同僚とコミュニケーションを取ることも面倒になりイライラしました。

イライラする原因は極度のストレスがったのですが、これは私だけに限らず常に緊張状態や興奮状態にある方にも起こりうる症状です。

イライラすることが多くなると眠りにつくことができなくなってきて、なかなか寝付けないことにもイライラしてしまうという最悪のパターンになってしまいました。

これらのストレスは通常一時の感情であり、自然と元の穏やかな感情に戻りますが、あまりに緊張と興奮を繰り返していると一過性のものではなく慢性的な症状となってしまうことも珍しくありません。

イライラしやすい環境としては、職場、家庭が最も多く、その影響でその他の小さな出来事に対してもイライラしやすくなる傾向があります。

職場では上司の無理難題な仕事を引き受けなければならなかったり、常に同僚と競争させられる中で自然と心が疲弊し最悪の場合は「うつ病」へと進展してしまうことも珍しくありません。

また、家庭内は一番落ち着く場所と思っていたのが、子供や家族の用事でゆっくり休むことができなくなったりすると更にストレスやイライラを感じるようになります。

イライラする感情を抑え不眠を改善するには

8385422491_0f528f3f35_m

不眠の原因となっている「イライラする感情」はできるだけ早く改善しなければなりません。

そこで私が行ったことは、毎日1時間自分1人の時間を確保して好きなことをするようにしました。

その1時間の間は誰にも邪魔されずストレスを発散する時間にしたのです。実践した中で効果を感じたことはランニングとカフェでの読書です。

ランニングをすることで想像以上に運動をすることが心地よく感じるようになったことと、小さな目標をクリアする喜びを得たこと、また、程よく疲れるので寝付きが良くなりました。

また、カフェでの読書も私にとっては最高の時間で、読みたい本を落ち着いた環境で誰にも邪魔されずに読めるので心もリラックスすることができるようになりました。

こうした1時間だけでも自分だけの時間を確保することでストレスやイライラを解消することができ、不眠の症状も治まり朝の目覚めも良くなりました。

たったそれだけのことでと思われるかもしれませんが、これは本当に不眠症改善に効果があります。

まだ、不眠症を改善するために具体的な行動を取れていないのであれば、まずは1日1時間自分だけの時間を確保して「好きなことに没頭する」習慣を身につけると良いです。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症の原因と症状

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ