不眠症と便秘の関係性

2206337539_9e6377fcfb_m

私は以前不眠で悩んでいた時に便秘にも悩んでいました。1週間以上便を排泄できないのはよくありましたし、常にお腹が張って苦しい状態が続いていました。

私のように不眠症で悩んでいる方の中には、意外と便秘の症状も出ている方が多く、不眠症と便秘には関係があると思っている方もいるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

不眠症と便秘の関係性

結論から言うと、現在の医学では便秘と不眠症の関係は明確にはなっていません。しかしながら、不眠症で悩んでいる方の多くが便秘にも悩まされているという傾向があるのも事実です。

理由として考えられのは、どちらも自律神経の乱れから起こる症状だからです。

自律神経は交感神経と副交感神経がシーソーのようにバランスをとるようになっています。日中の活動を活発にするのは「交感神経」が優位の状態になり、寝るときや便を排泄するときは「副交感神経」が優位の状態にならなければなりません。

しかし、不眠などの症状で自律神経のバランスがくずれてしまうと、常に「交感神経」が優位な状態になってしまうので、リラックスすることができず副交感神経が優位にならないため便秘や不眠といった症状が出てきてしまうのです。

便秘になりやすい体質というのも徐々に分かってきているのですが、

  • 冬になると手足がとても冷える「冷え性」の方
  • 仕事や家事、育児などでストレスを抱え込んでいる方

このどちらかに当てはまれば、それは便秘のサインであり、体内リズムが狂い始めて不眠症も引き越してしまうので注意が必要です。

便秘の解消法について

2300402805_2fbf50e1fc_m

便秘になってしまうことによって、自律神経が失調し血行が悪くなって不眠の症状が出たり、便秘により栄養の吸収に障害が生じるために起こるケースが考えられます。

また、便秘は不眠症状だけではなく、肌のトラブルを引き起こすことがあるので、肌が荒れてきたと感じる方は要注意です。

便秘を解消するためには下剤を服用したり、整腸剤を服用する、適度な運動をする、サプリメントなどで腸内環境を整えるなどの対処法がありますが、私は中でも運動をして体のリズムを戻すことが重要で効果があると感じています。

また、サプリメントで腸内環境を整えることによって、便秘症状は改善されていきました。

便秘は放置していても良くならないので、まずはできることから始め、「副交感神経」が優位な状態を作り出せるようにすることが大切なのです。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症の原因と症状

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ