不眠症とアトピーについて

2200738224_db903ced3f_m

不眠症とアトピーは密接に関係しており、どちらもきちんと改善しなければやがて体だけではなく心にまで影響を及ぼしてしまうことがあります。

ただ、アトピーの場合、ゆっくりと寝付くことができなかったり、夜中に何度も痒みで目が覚めてしまうこともあり睡眠不足に陥りやすくなってしまいます。

では、このような状態はどのように解消すれば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

まずはアトピーの悪化を抑えることを優先

アトピー患者で不眠症状が強く出てしまっている人は比較的多いのですが、このような場合はまずアトピーの悪化を抑えることから始めましょう。

アトピーが悪化するとさらに睡眠不足になり、この睡眠不足がアトピーをより悪化させるという悪循環になってしまいます。

そのため、アトピーの痒みを止めることが最優先事項となるのです。

アトピーの痒みを止めるためには、湿疹の部分の炎症を抑えるようにします。アトピーが一時的に悪化した場合、短期的にステロイドが外用薬を使用するのが効果的です。

内服薬でも痒みを抑える抗ヒスタミン薬も有効で、ヒスタミン薬は副作用として眠気が出ることがあるので、眠りに入りやすくなります。

アトピーの痒みを抑えることを優先したら、次はアトピーの原因を除いていきましょう。

いくら痒みを抑えようとしても、布団がダニやほこりだらけでは寝付くことができませんので、睡眠の質を高めるためにも、清潔な布団で寝るような環境を準備する必要があります。

睡眠はリズムが大切

500431518_c4d3937f8e_m

アトピーで眠れないという方の多くは、睡眠のリズムが狂ってしまっています。

痒さで寝付けな状態が続き、眠っている間にも痒みで目が何度も覚めてしまう状況を繰り返してしまうので、ある意味当然のことと言えます。

しかし、質の高い睡眠を得るためには一定の睡眠リズムが必要になるので、毎日の生活習慣を見直し睡眠のリズムを整えていきましょう。

睡眠のリズムを作るためには、

  • 毎朝起きる時間を同じにする
  • 寝る1時間前にはリラックスして寝る準備をする
  • 昼寝は30分以内に抑える
  • 日中は適度の運動をする
  • 陽の光を必ず浴びる

このようなことを注意する必要があります。

特に最近では眠る直前までスマートフォンを操作していたりすることもあるので、脳がリラックスできていないことも多いですね。ブルーライトなどの影響により、不眠症状が悪化してしまうので十分注意して下さい。

眠る前はできるだけリラックスして、毎日決まった時間には布団に入ることを繰り返していくうちに徐々に睡眠おリズムは作られていくので実践して下さい。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症の原因と症状

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ