不眠症と低血糖の関係性

5621720708_3e3b9c45c1_m

質の高い睡眠をとるためには、副交感神経を優位にしてリラックスすることが欠かせません。不眠症に悩む患者はこの交感神経と副交感神経のバランスが崩れているために起こると言われています。

そんな中で、不眠症と血糖値にも深い関係があり、血糖値があまりにも低くなると不眠症状が悪化することがあるので、注意が必要です。

スポンサードリンク

 

低血糖とは?

血糖値と聞くと「高くなることで糖尿病になる危険性がある」と思われがちですし、実際に血糖値が高くなると糖尿病へと発展してしまう患者も増加しています。

しかし、一方では血糖値が急激に下がってしまうことで、不眠やめまい、頭痛、手足の震え、脱力感、感情のコントロールができないなどの症状が現れることがあります。

中でも不眠を訴える方は意外と多く、低血糖状態が続くことで不眠症状がどんどん悪化してしまうことも珍しくないのです。

低血糖状態とは、血糖値の乱高下によって心身ともに様々な支障をきたす症状のことです。低血糖はアドレナリン、ノルアドレナリンが分泌されることによって、交感神経が優位な状態となります。

そのためにリラックスすることができず不眠症などの症状が現れるのです。

低血糖による不眠症の症状

Headache

低血糖状態になると不眠症を引き起こす原因となりますが、これは、自律神経のバランスが崩れてしまうために起こる症状です。

そのため、眠る前には最低限の糖分を摂取することが重要で、適度な糖分を摂取することができれば、症状はかなり改善されます。

朝早くに目が覚めてしまうという方も多いと思いますが、これも朝4時頃は血糖値が下がる時間帯なので、低血糖の場合は、血糖値が下がってアドレナリンが出るために目が覚めてしまうと考えられています。

私の場合は早朝に目が覚めることが多く、血糖値を測定すると50mg/dl以下のなってしまっているからでした。

そのために、夕食では程よい糖分を摂取するようにし、血糖値の上昇を抑えつつも低血糖症状を防げるメニューを食べるように意識しています。

低血糖状態が治まってくると、徐々に早朝に目が覚めてしまう症状を改善されることができるので、食事にも気をつけて不眠症対策をすることが重要です。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症の原因と症状

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ