不眠症とアルコールの関係

5375735505

日本人の5人に1人は睡眠に何らかの障害があると言われています。その中でも不眠症の患者はかなり多く、夜一睡もできないまま仕事に行く人も少なくありません。

また、生活習慣の改善で不眠症の症状が和らぐこともありますが、お酒に頼って無理矢理眠くなるようにしている方も多いのです。

このアルコールを摂取して眠ることは実は逆効果なのです。

スポンサードリンク

不眠症の3割はアルコールを摂取している

不眠症でなかなか寝付くことができなかったり、夜中に何度も目が覚める、朝早く目が覚めてしまうなどの症状を患っていても、実際に病院を受診する人は不眠症患者全体の1割程度だと言われています。

それ以外の方は不眠症の症状が出ているにも関わらず、自力で克服しようとしたりアルコールに頼って無理矢理眠くなる環境を作り出しているのです。

しかし、このアルコールで無理矢理眠くなる環境を作るのは最もやってはいけない方法です。

理由はアルコールを摂取することで脳は覚醒に近い状態なのですが、身体は休息しているっ状態である「レム睡眠」を妨げてしまうからです。

そのため、筋肉が休むことができなくなり、翌日に倦怠感として現れるのです。

睡眠導入剤とアルコール

2212568071

病院で処方される「睡眠導入剤」で眠りにつくのと「アルコール」で眠りにつくのとでは大きな差があり、これまで不眠で悩んでいた人のほとんどが睡眠導入剤を使うと驚くほどぐっすりと眠ることができるようになるのです。

睡眠導入剤は医師の指示のもと服用していれば依存性はありません。しかし、アルコールは毎日摂取し続けているとアルコールを摂取しなければ眠ることができなっかたり「アルコール依存症」になってしまうこともあります。

医師が処方する睡眠薬は脳を鎮静させ不安を和らげる効果もあるので、リラックして眠れるようになり疲れもとれるので、翌日もエネルギッシュに動くことができるようになります。

私はアルコールで眠くなるようにしむけていたのですが、睡眠導入剤に変えてからはアルコールに頼ることもなくなり、睡眠の質もグッと高くなりました。

不眠症で悩んでいる方は、まずは内科や心療内科を受診して適切な処置を受けることがとても大切なのです。



このサイトを訪問された方が、一番多く購入されている不眠症改善プログラムです。
稲葉式不眠症改善プログラムを実際に購入して体験しました。
不眠症でも薬を使わずに改善する方法が分かりやすく解説されています。


このサイトを訪問された方が、一番多く購入されているサプリメントです。
不眠症改善サプリメントを実際に購入して体験しました。
体の緊張をほぐし、ストレスを減らして朝の目覚めを良くするサプリメントを紹介


不眠症だけではなく、うつ症状にも効果がある「セロトニン」を増やすサプリメント。
「L−トリプトファン」を実際に購入して体験しました。
管理人が1年以上愛用しているセロトニンを生成しやすくするサプリメントを紹介。


スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:不眠症の原因と症状

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ