朝活を継続させる3つの方法

朝活を始めてから早くも3ヶ月が経過しました。

継続できるかどうか不安があったのですが、これまで1日も休むことなく朝活を継続することができています。

今日は私が実践している朝活を継続させる3つの方法をシェアしたいと思います。


1、朝活をする理由を明確にする

 

朝活を始めようとする人は多くなっていますね。

しかし、実際に継続することができている人はどれくらいでしょうか。

朝活を継続できない理由の一つとして、「なぜ朝活をするのか」という「目的、理由が明確になっていない」ことが多いように感じます。朝活をする理由がなければ「やらなくてもいい」という気持ちが芽生えます。

朝活をやらなければならない理由がなければ、朝活をする必要もないわけです。つまり、どこまで朝活をしなければならない理由が明確であるかどうかで継続できるかすぐにやめてしまうかの分かれ道です。

 

2、休日も同じ時間に起きて活動する

 

朝活は「仕事の前に」と思ている方も多いのではないでしょうか。

しかし、朝活を継続しやすくするためには、「休日」でも朝活する時と同じ時刻に起きて活動することがコツです。睡眠時間を伸ばしたり、「たまにはゆっくり寝よう」と起床時間を遅らせると元に戻すことが億劫になります。

朝活をする理由が明確で、朝活をしなければならない状況であれば、「休日」こそ朝活を充実させることができる絶好のチャンスなのだと意識すると朝活を継続できるだけでなく、自然と体が朝型にシフトされていきます。

 

3、カレンダーに朝活達成のしるしを大きく書き込む

 

これはモチベーションを維持するための方法ですが、私は大きい壁掛けのカレンダーに◯印を大きく書いています。朝活を始めて3ヶ月見事に◯印が並びました(笑)

最初は朝活が継続できるか不安でしたが、◯印を毎日つけていくうちに◯印をつけられない日、つまり朝活ができなかった日は絶対に作りたくないと思い始め現在も連勝記録をストップさせることなく緊張感を持って取り組めています。

カレンダーはできるだけベッドの近くで目に入る場所に置くと、朝起きた瞬間に◯印が目に入るので「継続記録更新中なんだ」と思い出すことができ、比較的簡単に起き上がることができるようになります。

朝活を続けるポイントは

  • 朝活をする理由を明確にする
  • 休日も同じ時間に起きる
  • カレンダーに◯印を書く

です。

非常に簡単なので、ぜひ実践してみて下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ